img_01

紹介予定派遣で理想とする開発環境のプログラマーの求人を探す

新卒で入社して3年間プログラマーとして学び、一人前のプログラマーとして認められるようになる4年目に入ると、少しでも良い労働条件を求めて転職するプログラマーが少なくありません。
もちろん、年収のアップは当然のことながら、それ以上に気になるのが求人のシステム開発環境です。
求人サイトの専門サイトのこちらです。今までの3年間で培って来たプログラマーとしてのノウハウを活かせる環境であることは、もちろんなのですが、今までに経験していない業種のシステム開発などにも取り組みたい気持ちがあるからです。


そういった意味でも、転職を予定している会社のシステム開発状況は、絶対に知っておく必要があります。




転職した後になって、自分の求めていた開発環境と違っていたということになれば、幾ら年収がアップしたからといっても遣り甲斐を感じることが出来なくなってしまいます。



しかし、一般的なインターネットの求人や就職情報誌の求人では、システム開発について、そこまで詳しく記載している会社は有りません。


そもそも、開発内容は社外秘扱いとなっているため、たとえば求人の面接の際に質問をしても、詳しい内容まで教えてくれることは無いのです。

ところが、紹介予定派遣の求人を利用すれば、システム開発状況を全て知る事が出来ます。



紹介予定派遣の求人の場合には、会社に就職したのと同じように、一定期間開発チームの一員として働く事が認められます。

求人情報の情報が必要なタイミングで手に入ります。

そうすれば、プログラマーとして任される仕様書の詳細や、開発スケジュール、一週間にどのくらい残業が必要になるのかなど、全て実体験として情報を得る事が出来ます。



また、その他にもシステムエンジニアと仕様書について話をする際に、コミュニケーションが上手く取れるのか、上司は開発メンバーに対して、どのように管理し接しているのか、上司とのコミュニケーションは上手く行くのかなど、全てを把握した後で、転職するかどうかを選ぶことが出来るのですから、プログラマーの転職方法として、これほど恵まれた方法は無いと言えるのです。




https://arubaito.japanpost.jp/web/
http://baito.mynavi.jp/
http://townwork.net/